新国立競技場

うつ病でLGBTな僕の生活と意見[第4回]

精神科病院大国日本に今こそ心のバリアフリーを▶ますみゆたか氏[にじのこころ代表]▶精神疾患を患い、かつLGBT(ゲイ)である──この社会では二重の意味でマイノリティでありながら、同胞たちのために自助グループ「にじのこころ」を事実上、一人で運営するという孤軍奮闘ぶりをみせる、ますみゆたか氏。LGBTコミュニティでさえ「メンヘラお断り」という理由でなかなか受け入れられないという彼が、日々の雑感を連載で綴ります。

木村きこり

木村きこりの統合失調症ライフ
第1回 お初にお目にかかります。

木村きこりさんは高3の受験期に統合失調症を発症。以来、幻覚・幻聴など、さまざまな症状に苦しめられてきた。そんな木村さんも今春には美大を卒業。今は漫画家と美術家の二足の草鞋を履く。去る4月10日には初のエッセイ漫画「統合失調症日記」(ぶんか社刊)を上梓。勢いに乗る彼女が連載漫画を綴ります。