あそどっく

史上初の寝たきりお笑い芸人・あそどっぐは
生粋のお笑い中毒だった

「ブスと障害者は3日で慣れる」──脊髄性筋委縮症という難病を患い、顔と左手親指しか動かせない「寝たきり」の障害者でありながら、お笑い芸人として精力的な活動を続けるあそどっぐ(37歳、熊本市在住)の座右の銘だ。障害者=庇護すべき弱者というステレオタイプ化した世間の眼を逆手に取り、独特のパロディアスで社会風刺に満ちた笑いの世界を構築し続ける彼。そのお笑いの原点に迫ってみた。

アート制作に出会い、
私は生まれ変わった

漆嶌知子さん[アーティスト]▶障害のある人たちのアート作品を商品化に結び付ける「エイブルアート・カンパニー」。漆嶌知子さんは、そのカンパニー・アーティストの一人だ。精神障害と戦いながら、切り絵を主とした洗練されたデザインを生み出し続けている彼女のポジティブな生き方に迫る。